企画展・特別展

特別展 平成かつしか風土記 -地域の継承と文化財-

基本情報
会場
郷土と天文の博物館
会期
平成28年1月17日(日曜日)から3月6日(日曜日)
開館時間
午前9時から午後5時(金曜日・土曜日は午後9時まで開館)
休館日
月曜日(祝日は開館)、第2・4火曜日(祝日は開館し、その直後の平日は休館)
入館料
大人100円、小・中学生50円、未就学児童無料(土曜日は小・中学生は無料)
概要

 19世紀の天保年間に江戸幕府が作成した武蔵国の地誌である『新編武蔵風土記稿』を読みときながら、かつしかの村々に残された歴史資料を中心に紹介します。過去から現在へ継続するかつしかの歴史をくみとり、未来へと継承する機会としていただければ幸いです。

新編武蔵風土記稿

 天保元年(1830)江戸幕府が編纂した『新編武蔵風土記稿』は、武蔵国内にあった村や町の地理・歴史・民俗・産業などに関する記録です。



かつしかの村

 「村」に残された史・資料、文化財から、江戸時代の具体的な地域像を再現する。



文化財の保全と継承

十王図
〔所蔵:東覚寺〕

 文化財の緊急調査のようすや文化財修復の成果を紹介する。



関連イベント

特別展記念講演会「浄光寺(木下川薬師)の歴史と文化財」【事前申込み制】

木下川薬師として知られた浄光寺の歴史と、守ってきた文化財を紹介します。

日時
平成28年2月6日(土曜日)午後2時から4時
内容
講師:伊藤義延氏(浄光寺住職)
費用:200円
詳細・お申し込み
往復はがきに「特別展記念講演会」、お名前、年齢、住所、電話番号を明記の上、当館宛てにお申込みください。
締切:平成28年1月23日(土曜日)(必着)

詳しくはイベントページの 特別展「平成かつしか風土記」関連イベント"特別展記念講演会「浄光寺の歴史と文化財」"をご覧ください。 → 終了しました



さらに詳しい内容は、チラシをダウンロードしてご覧いただけます。

ダウンロード(PDF 1635KB)