イベントの詳細

第95回星の講演会「すばる望遠鏡のデータを使って宇宙旅行を楽しもう」

ハワイ島マウナケア山頂にある日本の「すばる望遠鏡」は、ハイパー・シュプリーム・カム(HSC)という、超広視野カメラを持っています。2014年から、HSCを使った大規模な戦略枠観測プログラムが始まり、その第一期データが2017年2月に全世界に公開されました。誰でも、すばる望遠鏡の本物のデータに触れることができるのです。
本講演では、「HSCビューワ」を使って、すばるのデータで手軽にバーチャル宇宙旅行する方法をご紹介いたします。
また、現在計画中の、皆さんにすばるのデータ解析を手伝っていただく「市民天文学」プロジェクトについてもご紹介できればと考えています。

★当日参加ができます
事前申し込みは終了しましたが、定員に若干の余裕がありますので当日参加を受け付けます。当日直接、博物館までお越しください。
開演30分前(午後6時30分)より受付を行います(先着順)

この講座はかつしか区民大学単位認定講座です。

日時
平成30年2月3日(土曜日)午後7:00~午後8:30
会場
葛飾区 郷土と天文の博物館 講堂
講師/出演
臼田-佐藤 功美子(うすだ さとう・くみこ)氏(国立天文台天文情報センター専門研究職員)
地図(会場)

大きな地図で見る
対象
どなたでも
費用
200円
定員
150人(お申込み多数の場合は抽選)
申込方法
電子申請/往復はがき
はがき記入内容
参加者全員の住所/氏名/電話番号とイベント名「星の講演会2月」を書いてお申し込み下さい。
申込先
電子申請
申込期間は終了しました
往復はがき
〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
葛飾区 郷土と天文の博物館
申込締切
平成30年1月26日(金曜日)(必着)
お問い合わせ
葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101
電子申請ができない・わからない時
「電子申請についてのご案内」ページをご覧ください。
博物館HPのトップページ左側にある“黄緑色のバナー”をクリックするとご覧いただけます。
※なお、携帯サイトには対応しておりません。申し訳ございませんが、パソコンをご利用ください。