葛飾区教育資料館

  • 葛飾区教育資料館

葛飾区教育資料館

葛飾区教育資料館公開終了のお知らせ

葛飾区教育資料館は、大正14年に建てられた区立水元小学校の校舎を移築復元したもので、 アメリカから輸入した松の木で建てられた西洋式の校舎は、昭和57年まで60年にわたり使用され、都内に残る唯一の大正時代の木造校舎として区の文化財に指定されています。

平成17年4月より、葛飾区郷土と天文の博物館の一部門として運営してまいりましたが、施設の老朽化や耐震性能不足の課題など、様々な観点から今後のあり方を検討し、 平成28年3月31日をもって公開を終了いたしました。

葛飾区指定の文化財である建物は、引き続き敷地外からご覧いただくことが可能です。

展示資料について

当博物館1階体験学習室をリニューアルし、 旧教育資料館の収蔵資料の展示スペースを設けました。教科書や学用品、ベルなど、教室に展示されていました教育資料館の資料は、講座やイベント使用時以外には常時ご覧いただけます。

交通案内

所在地

〒125-0032 東京都葛飾区水元4-21-1

地図

大きな地図で見る

交通案内

JR常磐線各駅停車・京成金町線「金町」下車、南口2番乗り場から京成バス (金61・小56系統 戸ケ崎操車場行)「水元小学校」下車 徒歩1分 (水元医院の角を入ってすぐ)

駐車場はありません。

教育資料館は都立水元公園の近く(公園入口より徒歩約5分)にあります。水元公園にお越しの際はぜひお立ち寄りください。