当館のプラネタリウムについて

体験しよう、宇宙のすべてを。

日本初導入。宇宙の果てまで旅できるプラネタリウム

きらめく美しい星空が広がる「光学式プラネタリウム」と、データに基づきリアルタイムに宇宙空間を表現できる「デジタルプラネタリウム」の2つを融合した「ジェミニスター3 Katsushika」を導入。
さらに、番組も機器の特徴を最大に活かすために全て当館が制作したオリジナル。迫力ある映像と音とともに、専門のスタッフによる生の解説でお楽しみいただきます。

設備にも、番組にも、ここだけの特徴があります。

設備の特徴

当館のプラネタリウムは、2007年に日本初導入された「宇宙の果てまで旅ができるプラネタリウム」。でも、特徴はそれだけではありません。

さらに詳しく

番組のポリシー

当館では、既存のドーム映画を上映せず、デジタルプラネタリウム本来のリアルタイム描画による、生解説のオリジナル番組を制作しています。

さらに詳しく
プラネタリウムの舞台裏、少しだけお見せしましょう。

番組の組み込み作業の様子

プラネタリウム番組の制作と組み込みの様子をご紹介します。

さらに詳しく

保守点検の様子

普段は入ることができない、保守点検時のプラネタリウムの様子をご紹介します。

さらに詳しく