プラネタリウム

シンフォニー・オブ・ユニバース ―第9番 宇宙創世―

138億年の時空に響きわたる奇跡の調べ。

2011年に制作した番組『宇宙創世』が、博物館開館25周年を記念して生まれ変わりました。
「宇宙」はどのようにして誕生したのか。私たち「生命」はどうして誕生できたのか。宇宙、星、太陽系の3つの誕生の物語を、『シンフォニー・オブ・ユニバース』シリーズ最新作としてお送りします。

『宇宙創世』の映像はそのままに、『シンフォニー・オブ・ユニバース』シリーズとしてリメイクする今回、こだわったのは「より映像と一体となった演奏」です。

クラシック音楽は、指揮者の解釈や表現、演奏者によって同じ曲でも大きく変わります。そこで『シンフォニー・オブ・ユニバース第7番』と同じく、プラネタリウムの映像に合わせたオリジナル演奏を収録することにしました。
演奏はブルガリアの『Bulgarian Symphony Orchestra SIF309』。映画などの音楽を手がける映像音楽専門のオーケストラです。

まず、指揮者のDeyan Pavlov氏に映像のイメージや演出の意図を伝え、演出のイメージを固めてもらい、東京のスタジオとブルガリア国営ラジオ局のスタジオをインターネットで結び収録を行いました。2日間、合計12時間に及ぶレコーディングでした。

映像と一体となった臨場感あふれるサウンドをお楽しみください。


オーケストラSIF309のウェブサイトはこちら www.sif309.com/sif309/