イベント

第110回星の講演会 電波で輝く天の川銀河 ~野辺山45m電波望遠鏡による銀河面サーベイ~

要申込み募集中

天文
写真:プラネタリウムのスクリーンに映し出された講演会のタイトル

野辺山電波望遠鏡による天の川銀河の電波観測について、わかりやすくお話しします。

講師からのメッセージ

実は光だけでは宇宙のほんの一握りのことしかわかりません。『天の川銀河の、かつてない高分解で広大な電波写真を撮る!』それが野辺山45m電波望遠鏡で進めたレガシープロジェクト「銀河面サーベイ」(FUGIN)です。満月の600倍という広大な領域の星の材料である分子雲をくまなくサーベイします。本講演では、「銀河面サーベイ」(FUGIN)の最新成果を紹介します。

※新型コロナウィルス感染防止策をとって実施します。
※状況により中止する場合があります。

この講座はかつしか区民大学単位認定講座です。

日時

令和4年9月3日(土曜日)午後7時~午後8時30分

会場

葛飾区 郷土と天文の博物館 プラネタリウム

講師/出演

梅本 智文(うめもと・ともふみ)氏(国立天文台天文情報センター普及室 室長)

地図(会場)
対象

小学生以上の方(小学生は保護者同伴)

費用
200円
定員
64人(お申込み多数の場合は抽選)
申込方法
電子申請  往復はがき
はがき記入内容

参加者全員の住所/氏名/年齢/電話番号と「星の講演会9月」を書いてお申し込み下さい。

申込先

【電子申請】
電子申請申込みページに行く

【電子申請】
電子申請申込みページに行く

【往復はがき】

〒125-0063 東京都葛飾区白鳥3-25-1
葛飾区 郷土と天文の博物館

申込締切
令和4年8月19日(金曜日) (必着)
お問い合わせ

葛飾区 郷土と天文の博物館
電話:03-3838-1101

電子申請ができない・わからない時

電子申請についてのご案内」ページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る