企画展・特別展

博物館ボランティア活動成果展 葛飾探検団「中川展」

写真:展示タイトルと中川の写真


写真:葛飾探検団キャラクター かつたん君

 葛飾区の中央を流れる「中川」は、農業用水(排水)や物を運ぶ船の水路として活用されたほか、川の水を多く利用する工場が河畔に建設されるなど、葛飾区に多くのめぐみをもたらしてきました。

 今回の展示では、街歩きを通して葛飾区の近現代の記録保存を行う、博物館ボランティア「葛飾探検団」が実際に中川周辺を歩き、収集、撮影した写真をもとに、中川を境に右岸側と左岸側の2グループに分かれて様々な視点で「中川」の歴史や魅力を紹介します。

 今回の展示を通して、普段何気なく目にしている中川の、「新たな魅力」を発見するきっかけとしていただければ幸いです。

写真:上空から見た中川(撮影 遠藤ユウキ)
写真:(撮影 葭田光雄)

写真撮影者 敬称略

会場

葛飾区郷土と天文の博物館 2階特別企画展示室

会期

令和6年3月31日(日曜日)から5月26日(日曜日)

開館時間

午前9時から午後5時まで、祝日以外の金曜日・土曜日は午前9時から午後9時まで
(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝日は開館)、第2・第4火曜日(祝日は開館し翌日休館)。
4月29日(昭和の日)、5月3日(憲法記念日)、5月4日(みどりの日)、5月5日(こどもの日)、5月6日(振替休日)は開館。

入館料

大人100円、小・中学生50円、幼児無料(土曜日は中学生以下無料)

観覧料

無料

ページ先頭へ戻る