プラネタリウム

かつしかから宇宙へ

体験しよう、新しい宇宙を。

「私たちが今いる場所」を求めて、太陽系へ、星の世界へ、そして銀河宇宙へ。当館オリジナル番組の原点『かつしかから宇宙へ』が、プラネタリウムのリニューアルとともに生まれ変わりました。

新型コロナウイルス感染症防止対策の一環として、上映時間を40分に短縮してお送りします。

当館プラネタリウムの原点『かつしかから宇宙へ』

平成19(2007)年3月、前回のプラネタリウムリニューアルの際のオープン番組だった『かつしかから宇宙へ』。全宇宙のデータを網羅した「デジタルユニバース」を日本初導入し、プラネタリウムの概念を大きく変えてしまった伝説の番組であるとともに、その後作られるオリジナル番組の原点ともなる番組でした。

平成30(2018)年6月、プラネタリウムリニューアルの際のオープン番組も、あえて『かつしかから宇宙へ』としたのは、多くのお客さまに親しまれてきたこの番組の映像や音楽をリメイクすることで、映像や星空、そして音響がどのように進化したのかを感じていただこうと考えたからです。

さらに、新しい『かつしかから宇宙へ』は、大きな構想のもと、これからも少しずつ進化し続けていきます。どうぞご期待ください。

これまでの『かつしかから宇宙へ』を見る

ページ先頭へ戻る